フォークリフトオペレーターとは?仕事内容や将来性、働き方を紹介

フォークリフトオペレーターとは?仕事内容や将来性、働き方を紹介

フォークリフトとは、厚生労働省の定義によると、「荷物を積み込むフォーク、ラム等とそれを昇降させる機構(マスト)を備えた動力付き荷役・運搬用の機械」ということになります。

つまり、荷物を持ち上げるためのフォークを持ち、フォークを上げ下げするマストがあり、移動するための動力装置を積んでいる機械は、おおむね「フォークリフト」なのです。

そしてフォークリフトオペレーターとは、そのフォークリフトを運転操作する人の事。

この記事では、フォークリフトオペレーターとはどのような仕事なのか、その仕事内容から将来性、働き方までをご紹介します。

フォークリフトオペレーターとは

フォークリフトオペレーターとは、フォークリフトを操作して様々な荷物を運ぶ仕事を担う人のことです。
人の力では持ち上げられない荷物でも、フォークリフトなら軽々と持ち上げ、運ぶことができます。
その仕事場は様々で、工場、倉庫、港湾、駅の貨物ターミナル、さらにはイベント会場の設営まで、幅広い現場で活躍しています。

この章では、フォークリフトオペレーターの仕事について、その内容と必要な資格、フォークリフトオペレーターの資格が必要とされる職業について、お伝えしていきます。

フォークリフトオペレーターの仕事内容

フォークリフトオペレーターの仕事は、主に工場や倉庫、各工事現場などでフォークリフトを操り、レバー操作でフォークを動かして荷物の積み上げ、運搬、荷下ろしを素早く行うことです。

主な作業は大きく分けて2種類あり、一つはトラックなどが運んできた荷物を倉庫や工場に降ろす入庫作業、もう一つは倉庫や工場にある商品をトラックなどの荷台に詰め込む出庫作業です。

荷物を運ぶだけでなく、その他にも荷物を並び替えて倉庫内の整理整頓を行なったり、工場など製造業での製造作業の補助なども行います。

また、複数ある軽作業チームのリーダーも、フォークリフトオペレーターが担うことがあります。
この場合、現場をまとめ上げ、スムーズに作業が進むよう管理するのも大切な仕事の一つです。

フォークリフトオペレーターに必要な資格

フォークリフトオペレーターに必要な資格は、2つあります。

一つはフォークリフトオペレーター運転特別教育修了証で、もう一つはフォークリフトオペレーター運転技能講習修了証です。

運転特別教育の方は、最大積載荷重1トン未満のフォークリフトを運転でき、運転技能講習を修了すると、最大積載荷重1トン以上のフォークリフトを運転できるようになります。

運転特別教育は事業者が教育と証明書の交付を行うことができ、受講内容は、学科教育と実務教育が各6時間ずつのため、会社や事業所でこれだけ受ければ、すぐにフォークリフトを運転することができます。
また、普通・中型・大型・大型特殊(キャタピラ限定を含む)免許を既に取得していると、一部の講習が免除されるため、取得は比較的容易です。

一方、運転技能講習の方は、11時間の学科講習、24時間の実技講習があり、都道府県労働局長によって登録された教習機関での受講が必要になります。
さらに、その後修了試験にも合格しなければならず、証明書も厚生労働大臣にて指定された機関によって交付されるため、「フォークリフトの国家資格」と言われています。※所持免許により講習時間数は変わります。
ただ、こちらもきちんと受講すれば、合格率はほぼ100%と言われています。

>>フォークリフトの免許取得完全ガイド

>>合宿で楽々フォークリフトの資格を取得!市原技能講習センターのサイト

フォークリフトオペレーターが必要とされる職業

フォークリフトオペレーターの需要が最も高いのは、土木業や建材業です。
これらの業種で使う資材の多くは、人の手で持ち運べない重さなので、フォークリフトがあればスムーズかつ安全に運べるため、とても重宝されています。

また、物流に関わる倉庫や工場、建築・解体に関わる現場、産業廃棄物を移動する必要のある場所、電気工事のように作業スピードを問われる業界でも、フォークリストが大きな役割を果たしています。

その他、1日あたりの出荷数が多い食品製造業の工場、港湾や鉄道の貨物ターミナルなどでもフォークリフトを使っているところは多々あります。

フォークリフトオペレーターの将来性

フォークリフトオペレーターは入れ替わりの激しい職種で、常に人材が必要とされており、現在は人手不足と言われ、今後も需要が増えていく仕事です。

物流や建設関係の工場や倉庫での荷物運搬・積み降ろしの業務は、今後もますます増えていくと予想されます。
したがって、フォークリフトオペレーターという職業には将来性があり、活躍の機会はさらに増加していくことでしょう。

かつてない規模の人手不足のため売り手市場

国土交通省が2020年11月に公開している資料によれば、フォークリフトを操作するのに必要な技能講習を受ける人の数は毎年25万人前後で安定しています。
しかし、近年では急激に高まる貨物輸送の需要に対して、フォークリフトオペレーターが大幅に不足する傾向にあり、かつてない規模での人手不足になっているようです。
したがって、フォークリフトオペレーターの就職は売り手市場であり、今後もますます需要は高まっていくでしょう。

最強のコスパ資格と言われている理由

なぜフォークリフトはコスパのいい資格と言われるのか、その理由としてよく挙げられるのは、次の4つです。

  1. フォークリフト手当が給与へ上乗せされる
  2. 肉体労働が減る
  3. 転職が有利になる
  4. 取得が比較的楽

多くの企業が、講習を終えてフォークリフトを運転できるようになった人に対し、一定の手当(一般的には2万円程度)を支給しています。

また、機械を使って荷物を運ぶお仕事ですので、手積み・手降ろしをはじめとする力の必要な手作業の比重が減ることが多いです。

加えて、製造業界・物流業界など様々な業界で求められている資格ですので、転職を考える際の選択肢が広がります。

これら3つのメリットを3万円程度の投資と2日間の講習(フォークリフトオペレーター運転特別教育の場合)で得られるため、コストに対してパフォーマンスがよい資格とされるのです。

フォークリフトオペレーターの3つの働き方

フォークリフトオペレーターの働き方は、大きく分けて3つあります。
その他の職種と同じように、正社員・派遣社員・パート・アルバイトです。

ここでは、それぞれの働き方のメリット・デメリットを見ていきます。

働き方その1.正社員

正社員のメリットは、何といっても給与の高さでしょう。
特に、大手上場企業の正社員は、平均年収400万円を軽く超えると言われています。
また、一つの企業に長く勤続することにより、昇給の可能性も上がり、賞与も多く出る傾向にあります。

デメリットは、一つの会社に就職したら、なかなか転職が難しい事です。
ただし、正社員として勤務し続けることのメリットを考えると、敢えて転職する必要性はないと言えます。

働き方その2.派遣社員

派遣社員のメリットは、いろいろな業界を経験することで経験値が上がることと、それによって高い給与を得やすくなることでしょう。
また、求人も多く出ているため、就職しやすいというメリットもあります。

一方、デメリットは、一つの会社に長く勤続することができないため、昇給のチャンスがあまりない、ということです。
また、会社によっては賞与が受けられない場合もあり、正社員に比べると、年収が低くなってしまいます。

働き方その3.パート・アルバイト

パート・アルバイトのメリットは、自分の都合のいい期間や時間帯で働けることでしょう。
短期・超短期など、期間を決めて働くこともできますし、週3日などの仕事もあります。
毎日フルタイムで働くのが難しい方には、メリットのある働き方だと言えます。

デメリットは、3つの働き方の中で一番給与が低くなってしまうことです。
しかし、勤務時間と勤務内容を秤にかけたら、給与がある程度限られてくるのは仕方がないとも言えるので、これをデメリットとするかは人それぞれではないでしょうか。

フォークリフトオペレーターは将来性があって働きやすい!

ここまで、フォークリフトオペレーターの仕事内容や必要な資格、将来性や働き方などを紹介してきました。

フォークリフトオペレーターの仕事は、専門性が高い上に業界の幅も広く、現在人手不足で売り手市場と、かなり働きやすい仕事と言えるでしょう。

フォークリフトオペレーターの資格は、比較的簡単に取れますので、業界を超えた転職を考えている方は、まずフォークリフトオペレーターの資格取得を考えてみてはいかがでしょうか。

\格安&短期の合宿プランもあります/

市原技能講習センターのフォークリフト技能講習はこちら

早い!安い!楽しい!AT最短14日で免許取得をしよう

CTA-IMAGE 特典多数の合宿免許、季節のキャンペーン、全車種免許取得対応の自動車学校は五井自動車教習所