GWの教習所の混雑状況は?通学でも合宿でも混雑を避けて免許を取る方法

GWの教習所の混雑状況は?通学でも合宿でも混雑を避けて免許を取る方法

新生活のために、自動車免許を取りたいけれど、春休みシーズンは高いから…とためらっていた方も多いのではないでしょうか。

次に休みが取れるのはGW(ゴールデンウイーク)、でもここも混んでいるかなぁと迷っていらっしゃる方に朗報です。

実はGWは教習所に通うのに最適なシーズンなのです。

本記事では、GWに混雑を避けて免許を取る方法をお伝えしていきます。

GWの教習所は閑散期!

教習所には、繫忙期と閑散期が明確にあります。

繫忙期は、1月~3月の冬休み・春休みシーズン、7月~8月の夏休みシーズンです。

逆に閑散期は、4月~6月、10月~11月とされています。
この時期は、学校や会社が始まり、その新生活を送るのに精いっぱいで、教習所に通う余裕のない方が多いのですね。

これを見て、「ん?」と思われた方、正解です。そうです、5月のGWは、閑散期に含まれているのです。

一見混みそうなGWが閑散期に含まれているのはなぜなのか、次項でお伝えします。

GWの教習所が空いている理由

GWの教習所が空いている理由、それは、GWは家族や友人との旅行などに使う方が多いからです。

春休みや夏休みなどは、学生の方は休みが取れるかもしれませんが、社会人は休みではありません。
しかし、GWは、間の平日も含めて休みにする会社も多いようです。
そのため、社会人の方はその時期に海外旅行などに出かける方が多いのです。

一方学生も、サークルの新歓合宿があったり、レポート課題が出たりと忙しい方が多いようです。

また、GWは長くても10日前後しかありませんので、合宿免許に行くには日程が足りません。
GW前後に休みが取れない人は、合宿免許に行くことはできないでしょう。

したがって、教習所に来る人は少なく、教習所は意外に空いているのです。

GWに混雑を避けて免許を取る方法

それでも、できるだけ混雑を避けて免許を取りたい、という方も多いでしょう。
混雑していると、教習車が足りなくなることで、技能教習の予約さえできないことがあります。
学科もあまり大人数だと教室に入り切れないこともあるようです。

そこで、閑散期とされているGWでも、さらに混雑を避けて免許を取る方法をお伝えしていきます。

方法1.教習所の最短プランを利用する

合宿免許のプランでは、最短14日(AT)というところも多いですが、実は通学プランでも、最短で16日(AT)か18日(MT)で取れるプランもあるのです。

技能教習は、ATでは第一段階で12時限、第二段階で19時限ですが、1日に受けられる教習には上限があり、第一段階では1日2時限、第二段階では1日3時限までと決められています。
したがって、教習所卒業までの最短日数は、13日ということになりますが、これは毎日上限まで受けた場合であって、繁忙期はなかなか予約が取れないことが多いです。

しかし、合宿免許や通学の最短プランでは、あらかじめスケジュールが決められているため、そのスケジュールに沿って2週間ほどで免許取得が可能なのです。

スケジュールが決められているということは、技能教習の予約が取れないということがない、ということです。
したがって、教習所が多少混雑している時でも、それを避けて教習を進められることになります。

このようなプランは、教習所によって「最短プラン」「短期集中プラン」「スピードプラン」などという名称で実施されていることが多いようです。

例えば、千葉県の五井自動車教習所では、「超!最短教習プラン」というのがあります。
これは、入校日が火・木・土と決められていますが、普通車ATで16日間、普通車MTで18日間で免許取得が可能です。

この最短プランは、繁忙期の1月~3月・8月~9月は行っていないので、まさに閑散期ならではのお得なプランになります。

方法2.GWに始めて夏休みまでに取得する

そうは言っても、GW前後に休みを取ることはできないから、14日や16日でも無理、という方もいらっしゃるかもしれません。
そうした場合は、まずGWに教習を受け始めて、夏休みまでに取得を目指す方法もあります。

教習を受けられる期間は、入校日から9ヶ月です。
したがって、その間に免許を取得すればいいということになります。
GWだけでは日数が足りなくても、教習所はその後夏休み以前まで閑散期が続きますので、平日の休みや夕方、土日を利用して教習を受けることができるのです。

もちろんこの方法でも、教習料金は普通と変わりありません。
特に急ぎではなく、夏休みまでに免許が取れればいいという方は、GWにまず集中的に教習を受けて、その後は自分のペースでじっくりと免許取得を目指すといいでしょう。

方法3.観光地以外の合宿免許に行く

ここまで通学プランのご紹介をしてきましたが、もちろん合宿免許に行く方法もあります。

ただし、ここで注意したいのが、GWには観光地近くの教習所は避けた方がいい、ということです。

観光地近くの教習所は、観光や遊びを兼ねての参加が多いため、他よりも混雑する可能性が高いです。
また、周辺の道路も、観光客で混雑するため、路上教習がやりにくいでしょう。

したがって、GWに混雑を避けて合宿免許に行くなら、観光地以外の教習所を選ぶようにしましょう。

関東近郊でいうと、千葉県などはあまり観光地がないですが、海沿いの教習所や温泉のある教習所もあり、穴場で狙い目です。

五井自動車教習所の合宿免許プランはこちら

GWが免許取得に最適な理由

ここまで、GWに混雑を避けて免許取得をする方法をお伝えしてきましたが、GWが免許取得に最適な時期と言える理由があります。
それは以下の3つです。

  1. 年間最安値
  2. 気候がいい
  3. いろいろな年代の人がいる

一つひとつ見ていきましょう。

理由1.年間最安値

GWは閑散期だと先述しましたが、5月~6月は10月~11月よりもさらに受講生が少ないため、年間最安値となる教習所が多いです。
合宿免許では、プラン・地域によっては10万~20万も安くなることがあります。
予約の自由度も閑散期ゆえに高く、シングルルームや友人とのツイン・トリプルルームなども予約しやすく、値段も安く設定しているところが多いです。

先述の五井自動車教習所の合宿免許では、最も繫忙期の1月~3月に比べて、12万6,500円も安くなります。
これはめちゃくちゃお得ですよね!

したがって、料金の面から見ても、GWは免許取得に最適な時期と言えるでしょう。

理由2.気候がいい

5月は全国的に見ても、気候がいい季節と言えます。

三寒四温も落ち着いて初夏の暖かさであり、晴れの日が多いこと、新緑の季節であり、自然が輝く時期であることを考えると、特に技能教習には最適な時期であると言えるでしょう。

陽光を浴びて輝く海を見ながら、あるいは木々の木漏れ日を浴びながら走るのは、とても気持ちがいいですよ。

理由3.いろいろな年代の人がいる

春休みや夏休みの教習所は、学生で溢れかえっています。
しかし、GWは、社会人にも休みである人が多く、入校生も学生や社会人、フリーターなどいろいろな年代の人が集まりやすいです。
また、まとまったグループよりも、お一人様での参加が多く、どちらかと言えば30代以上の年代が増える傾向にあるとも言えます。

そのため、5月入校生からは「普段は知り合えないような人と仲良くなれて嬉しい」という声もあり、特に年齢の高めな方、お一人様で参加する方にとっては、良い時期と言えるでしょう。

GWにお得に免許を取得しよう!

以上のことから考えると、GWは料金も安く、予約も取りやすく、気候もいいため、免許を取得するのに最適な時期と言えるでしょう。

混雑を避けて免許を取る方法も検討しながら、GWに免許を取得する準備を始めてみてはいかがでしょうか。

早い!安い!楽しい!AT最短14日で免許取得をしよう

CTA-IMAGE 特典多数の合宿免許、季節のキャンペーン、全車種免許取得対応の自動車学校は五井自動車教習所