合宿免許の料金が安い時期は4月~7月前半!7月後半~9月は高い傾向に。

合宿免許の料金が安い時期は4月~7月前半!7月後半~9月は高い傾向に。

合宿免許は通学免許よりも安い料金で申し込むことができる場合が多いことは広く知られています。

しかし、実際に合宿免許の料金について調べてみると「思っていたよりも安くない」と感じた方も多いのではないでしょうか?

実は合宿免許には料金が安い時期と高い時期が存在します。

今回は合宿免許の安い時期や高い時期、合宿免許の料金の仕組みについて詳しくご紹介いたします。

合宿免許の料金が安い時期は4月〜7月!

合宿免許の料金相場が最も安い時期は4月〜7月前半となっており、次いで10月〜11月が安い時期となっています。

合宿免許の料金が4月〜7月に最も安くなっているのは、春休みが終わり夏休みに入る前の4月〜7月前半は合宿免許への申し込みが少ないためです。

合宿免許に申し込む人が少しでも増えるように料金が安く設定されているのです。

一方で合宿免許には料金が高い時期もあります。

料金が高い時期は7月後半〜9月、12月〜3月となっています。

料金が安い時期と高い時期がある理由は「閑散期」と「繁忙期」という2つの時期があるからです。

合宿免許には閑散期と繁忙期がある

合宿免許には申し込み者が少ない「閑散期」と申し込み者が多い「繁忙期」があります。

合宿免許の料金は閑散期から繁忙期に向かうにつれて徐々に高くなり、繁忙期を過ぎると再び料金は下がっていくという波形を描きます。

繁忙期とされているのは春休み・夏休み・冬休みなど、学生が長期休みに入る時期です。

つまり、長期休みの期間を避けることで安く合宿免許に申し込めるということです。

そのため、申込者が少ない時期は料金を安くして教習生を広く募集することで繁忙期と閑散期の申込者の差を少なくしているというわけです!

安い時期でも延泊すると追加料金がかかる場合も

安い時期に申し込んだとしても延泊した場合は追加料金がかかる場合があります。

保証内容によっては追加料金がかからないプランもありますが、保証内容の手厚さに比例して料金が高くなる傾向にあります。

どれだけ安く申し込むことができても延泊してしまうと余分に料金がかかってしまうので注意が必要です。

安い時期と高い時期とでは料金はどれぐらい差があるの?

教習所によって差はあるものの、合宿免許の料金が安い時期と高い時期とでは5〜10万円ほどの差があります。

五井自動車教習所で行われている合宿免許の料金を例に見ていきましょう。

4/1~7/9
9/16~12/31
7/10~7/26
9/7~9/15

7/27~8/23
8/24~9/6
千葉マリーナINN相部屋臨海荘相部屋253,000円279,400円330,000円308,000円
千葉マリーナINNシングル臨海荘シングル283,800円310,200円360,800円338,800円
五井温泉相部屋283,800円310,200円360,800円338,800円
五井温泉シングル314,600円341,000円391,600円369,600円

このように、五井自動車教習所の料金が安い時期と高い時期を比較すると5万5,000円の差があります!

→→合宿免許の料金表をチェックする

合宿免許の料金をさらに抑えて申し込む3つの方法

安い時期に合宿免許へ申し込むことができた場合もさらに料金を抑えて申し込むことができることがあります。

合宿免許には延泊した場合の保証内容や宿舎のグレードが異なるいくつかのプランが用意されているのが一般的です。

合宿免許の料金を抑えるためにはできるだけ保証内容や宿舎のグレードが最低限のものを選ぶことで安く抑えることができます。

合宿免許の料金をさらに抑えて申し込む詳しい方法は以下の通りです。

1、安い宿泊プランを利用する

合宿免許のほとんどは宿舎のグレードごとに料金が異なるプランが用意されています。

グレードが高いプランではホテルを利用したりオートロックが採用されているなど、セキュリティーの面で違いはあります。

しかし、グレードが低いプランでも最低限のセキュリティーや設備は整っている合宿免許がほとんどです。

また、食事付きのプランではなく自炊プランにすると食事の料金が含まれない分安く申し込むことができます。

セキュリティーや食事にあまりこだわりがなく、とにかく合宿免許の料金を安く抑えたいという方は安い宿泊プランを利用するのがおすすめです。

2、キャンペーンや割引を上手に使う

合宿免許には以下のような割引が用意されています。

  • グループ割

割引制度では、2,000円〜5,000円ほどの割引またはキャッシュバックを受けることができます。

合宿免許によって取り扱っている割引制度が異なるため、ホームページなどで確認しておくとスムーズに申し込みむことが可能です。

また、合宿免許の中には独自のキャンペーンを行っているところがあり、キャンペーン内容は期間中の申し込みで数千円ほど安く申し込むことができるという場合もあります。

このようにキャンペーンや割引をうまく活用することで安く合宿免許に申し込むことができます。

→→五井自動車教習所のお得なキャンペーンをチェックする

3、AT限定で申し込む

AT限定とMT車を選ぶ際はAT限定を選択することで比較的安く合宿免許に申し込むことが可能です。

AT限定の方が料金が安くなる理由は、MT車と比べて技能教習が3時限少ないことが挙げられます。

AT限定の方が技能教習が3時限少ない分、合宿免許の料金が安くなっているのです。

教習所によって異なりますが、AT限定とMT車の料金にはおよそ1万円〜1万5千円ほど差があります。

MT車にこだわらないという方はAT限定で申し込むと安く合宿免許に参加することが可能です。

合宿免許に申し込むなら料金が安い閑散期が狙い目!

ここまで合宿免許の料金が安い時期や料金の仕組みについてご紹介してきました。

合宿免許に安く申し込むためには、タイミングがとても重要です。

学生が春休みや夏休みの長期休みに重なる時期は合宿免許の繁忙期となり、料金が高くなりますが、長期休みが終わると閑散期となり料金が下がっていきます。

合宿免許の料金は波形を描くように移り変わっていくため、合宿免許に申し込む人が少ない閑散期を狙えば、安く合宿免許に申し込むことが可能です。

出来るだけ安く免許を取りたい方は是非参考にしてみてください(^^)

早い!安い!楽しい!AT最短14日で免許取得をしよう

CTA-IMAGE 特典多数の合宿免許、季節のキャンペーン、全車種免許取得対応の自動車学校は五井自動車教習所