合宿免許の卒業検定で落ちる確率は10%!落ちないために気をつけたい5つのこと

合宿免許の卒業検定で落ちる確率は10%!落ちないために気をつけたい5つのこと

免許取得の最終試練である卒業検定ですが、合宿免許での合格率がどれくらいかご存じですか?

「たった2週間で免許が取れるの?」

「卒業検定に本当に合格できるかな?」

このように不安に思っている方も多いのではないでしょうか。

今回は、合宿免許の卒業検定で落ちる確率と、落ちないためには何に気を付ければ良いのか、5つのポイントをご紹介します。

卒業検定で落ちる確率はたった10%!落ちないためにするべきこと5つ

ずばり、合宿免許の卒業検定で落ちる確率は10%です。

つまり10人に1人の確率で不合格になってしまうのですが、かなり低確率と言えるでしょう。

言い換えれば9割の人は卒検に合格しています。

実際には教習で学んだことを発揮すれば、ほとんどの方が合格できるようになっていますので、そこまで心配する必要はありませんよ!

それでも不安という方は、次の5つのポイントに気を付けて卒業検定に挑みましょう。

1.とにかく落ち着く!リラックスして挑もう

卒業検定はとにかく緊張します。

いくら教習で走ったことがある路上でも、合宿で来ている土地なので慣れていませんし、他の受験生に見られていると意識してしまうと嫌でも緊張してしまうものです。

それでも、検定までに取り組んできた積み重ねがあるのですから、とにかく自身を持って落ち着くことが大切です。

慌ててしまうと冷静な判断ができませんし、教習で学んだように、落ち着いていつも通りの運転をすれば大丈夫ですよ!

肩の力を抜いて、リラックスして卒業検定を受けましょう。

2.安全確認は伝わるように

卒業検定に関わらず、運転する際は安全確認が重要です。

歩行者、自転車、障害物に気を配るほか、右折時の巻き込み確認、進路変更の際の安全確認も忘れずに行うことが重要。

卒業検定で大切なのは、この安全確認が検定員に伝わっているかどうかですから、自分ではしているつもりで、相手にわかってもらえないと減点されてしまいますので注意してくださいね!

多少大げさでも構わないので、安全確認は伝わるように行いましょう。

3.教習中に苦手は克服して置く

誰しも初めての運転なので、苦手なことは出てくるでしょう。

肝心なのは苦手をそのままにしないことです。

せっかく教習を受けているのですから、苦手は教習中に克服してしまいましょう。

卒業検定は教習所を卒業しても良いか判断する場所です。

卒検でたまたま合格になっても、実際に運転をして事故を起こしてしまったら意味がないのです。

プロに教わることのできる教習中に苦手を克服し、卒業検定に挑みましょう。

4.体調を十分に整えておく

卒業検定の前日は緊張と不安で眠れませんね。。。

それでもしっかり睡眠を取りましょう。

睡眠不足や体調不良は判断や思考を鈍らせるので、卒検に関わらず運転する際は体調をしっかり整えることが大事ですよ!

どうしても眠れそうにないときは、ゆっくり湯船に浸かったり、少し散歩をしたりしてリラックスするのもおすすめです(^^)

5.ミスしても最後まで諦めない!

卒業検定中にミスしてしまうと、パニックになったり、「もうダメかもしれない」と落ち込んでしまったりすると思いますが、最後まで諦めてはいけません!

ミスを適切に対処すれば挽回は可能です。

実際に、急ブレーキをしてしまったり、縁石に当たってしまったり、エンストしたりしてしまってもそれだけでも絶対に不合格になるというわけではありません。

試験終了時に70点以上残っていれば良いので、最後まで諦めず、ミスしても落ち着いて対処しましょう。

延長保証プランは本来不要!最短卒業を

ほとんど落ちることはないと言っても、10%の確率で不合格になることはあります。

>>合宿免許で延長する確率とかかる延泊料金

不合格になれば、補習教習費や再受験費、延泊料金がかかることがありますから、あらかじめ延泊が保証されているプランを選ぶと安心と思えますが、本来であれば90%の人は延長しないのであれば、延長保証などの想定が加味されていない合宿プランを選ぶのが最もコスパが良いと言えます。

ですから、合宿免許の最短である14日で卒業できるように、五井自動車教習所ではわかりやすい教習はもちろんのこと、予習や復習がしやすいような環境整備に力を入れています!

>>合宿免許のプランを見る

卒業検定に落ちて、どうしても延泊できないときは?

用事があって延泊ができない、、、

そんな方もいらっしゃると思います。

卒業検定は、全過程を修了した日から3ヵ月以内に合格すれば良いので、一時帰宅して再度教習することも可能です。

※一時帰宅の可否については、事前に教習所に確認しましょう。

また、地元の教習所へ転校することもできますが、この場合は再度入学の手続きが発生するので費用がかかってしまいますのであまりおすすめできません。

いずれにしろ手間がかかるので、延泊の可能性を考えて、予定に余裕を持たせた方がベストと言えます!

落ち着いて安全運転を心がけよう!

合宿免許の卒業検定で不合格になる確率と、合格するために気を付けるポイントをご紹介しました。

落ちる確率はたった10%なので、心配しすぎずに落ち着いて運転しましょう。

2週間みっちり教習で学んだことを発揮すれば大丈夫です。

もし落ちてしまっても、自分に不足している部分が卒業前に見つかったと、前向きに考えましょう。

卒業検定は教習所を卒業しても良いかどうか(=路上で安全に運転できるかどうか)を確かめる場です。

たまたま卒業できても技術が伴っていなければ、事故を起こしてしまいますから、卒業検定も、合格できた後も、安全運転を心がけてくださいね!

早い!安い!楽しい!AT最短14日で免許取得をしよう

CTA-IMAGE 特典多数の合宿免許、季節のキャンペーン、全車種免許取得対応の自動車学校は五井自動車教習所